金の糸ガイド
金の糸ガイド TOP → 施術について デメリット

デメリット

金の糸美容法には施術する時からその後の効果に至るまでたくさんのメリットがありましたが、やはりどんなにすばらしい美容法にもデメリットがあるもので、金の糸についてもいくつかのデメリットがあげられます。

デメリットとしては施術後にまれに金の糸の端が出てくることがあるようです。しかし、もしも金の糸の端が外に出てきたとしてもそれほど大きな問題にはならないようです。金の糸を施術してもらったクリニックに相談して診察しに行くと、爪切りのようなもので出てきた金の糸をカットして消毒をする程度で済むようです。

またデメリットとしてあげられるのは、金の糸がレントゲンやCTを撮るときに写ってしまうことです。またMRI検査をすると熱を帯びて施術部分が熱くなってしまう、画像が乱れてしまうなどの噂がありますがこのようなことはないようです。

金の糸は自然の治癒力を利用した美容手術なので、施術直後から劇的な変化を感じることはできません。肌の変化を感じられるまでには早い人でも1カ月程度はかかってしまいます。

また個人差がありますが術後に腫れや痛み、内出血などが起こる場合があります。早いと4〜5日程度で回復しますが、遅いと1週間〜10日程度かかる場合があります。腫れや内出血の回復については一般的に高齢の方ほど回復までに時間がかかってしまいます。

しかし最近では金の糸を取り扱う美容クリニックが多くなってきたことにより、施術についての安全性が高い確率で確認されてきているため、術後の副作用や感染症も減ってきています。

施術について

http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/
ポスター印刷

ベナンバックス
ベナンバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

筆耕 弔辞
筆耕の弔辞なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

リバティ ラミネート
http://item.rakuten.co.jp/auc-syugeiyasan/c/0000000120/