金の糸ガイド
金の糸ガイド TOP → 金の糸の効果 毛穴

毛穴

顔には約20万個もの毛穴があり、毛穴の大きさと皮脂の分泌量の多さは関係しています。また皮脂の分泌量と男性ホルモンも関係していて男性ホルモンが多く分泌されているほど、毛穴が大きくなるようです。

また、毛穴は皮脂分泌の他にも角栓によって広げられて大きくなります。角栓とは肌の老廃物である角質や皮脂が交じり合って毛穴に詰まったもので、角栓を放置してしまうと空気に反応して毛穴の黒ずみの原因となります。

毛穴周辺は特にメラニン色素が多いので紫外線の影響も受けやすく、紫外線によって毛穴の黒ずみが一層目立つようになります。この他、加齢による皮膚の老化でコラーゲンが減少してしまうと、結果的に毛穴が黒ずんで目立つようになります。

金の糸を入れるとその作用によって皮脂分泌がコントロールされるようになります。そして過剰に皮脂が分泌されなくなると角栓ができにくくなるので毛穴が目立たなくなります。

また、加齢やホルモンの分泌などにより肌のターンオーバーが乱れて正常に行われなくなるとホコリや余分な皮脂、メイク汚れ、古い角質などが毛穴に詰まりやすく角栓ができやすくなります。

金の糸を入れると真皮のコラーゲンやエラスチンなどが生成されるようになり、そのコラーゲンの支えで毛細血管やリンパが発達するとそこに新鮮な血液が流れ込むようになり多くの栄養や酸素を供給できるようになります。

こうして肌の新陳代謝が活発になると古い角質がうまく排出されるようになり、皮脂の分泌も正常になるため徐々に毛穴が小さくなって目立ちにくくなります。