金の糸ガイド
金の糸ガイド TOP → 金の糸の効果 ニキビ、肌荒れ

ニキビ、肌荒れ

ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなど様々な種類があり、年齢によっても思春期ニキビ、大人ニキビがあります。

白ニキビは古い角質が残ったまま毛穴が詰まってしまい、皮脂がスムーズに排泄できなくなると毛穴が白く腫れてしまう状態です。黒ニキビは白ニキビと逆で毛穴が開いて皮脂が空気に触れてしまうことにより酸化してニキビが黒くなった状態です。

白ニキビや黒ニキビはニキビの初期段階と言えますが、毛穴に皮脂や角質が詰まってふさがれた状態なのでアクネ菌が繁殖して炎症を起こしやすくなっています。炎症を起こしてニキビが悪化すると赤ニキビになります。

このように古い角質が毛穴をふさいで皮脂が肌の内部で詰まって炎症をおこしてしまうとニキビや肌荒れを引き起こしてしまいます。金の糸を入れるとその作用によって皮脂分泌がコントロールされるようになります。そして過剰に皮脂が分泌されなくなるとニキビができにくい肌になります。

また、加齢やホルモンの分泌などにより肌のターンオーバーが乱れて正常に行われなくなるとホコリや余分な皮脂、メイク汚れ、古い角質などが残ったままとなり毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

金の糸を入れると真皮のコラーゲンやエラスチンなどが生成されるようになり、そのコラーゲンの支えで毛細血管やリンパが発達するとそこに新鮮な血液が流れ込むようになり多くの栄養や酸素を供給できるようになります。

こうして肌のターンオーバーが正常になると古い角質がうまく排出されるようになり、健康で安定した状態の肌に変わってきます。