金の糸ガイド
金の糸ガイド TOP → 金の糸の効果 肌のハリとキメとツヤ

肌のハリとキメとツヤ

皮膚の構造は表皮と真皮と皮下組織で構成され、表皮は皮膚の一番外側の表面部分のことです。

表皮には縦横や斜めに細かい溝があって、三角や四角の模様を作り出しています。この溝の深さや盛り上がった形は、私たちの肌の外観を左右するもので、これが肌のキメとなります。表皮にある溝が浅くて形が細かく規則正しく並んだ状態をキメが細かい肌といい、光の反射によって美しく見えます。

真皮は表皮の下にある部分で皮膚の機能を内側から支えています。真皮の中にはコラーゲンが網目状に形成され、肌のハリと弾力を維持しています。そしてエラスチンによってコラーゲンが支えられています。

皮膚はターンオーバーによって新陳代謝を繰り返し毎日生まれ変わっています。表皮の一番下で新しく生まれた細胞は約28日間かけて角化して角質細胞となり、最終的に垢となってはがれて落ちていきます。このターンオーバーが年齢を重ねるとともに遅くなってしまうと、傷が治りにくくなったり肌のきめが粗くなったり、くすみやしみができやすくなり、キメとツヤが失われてしまいます。

金の糸を埋め込むとそれを肌の異物と見なして免疫細胞が働くようになります。そして傷ついた免疫細胞の自然治癒力によってマクロファージや線維芽細胞が活性化されると、コラーゲンが作り出され、肌のターンオーバーが正常になります。肌のハリとキメ、つやの改善は金の糸の施術した後、比較的早い時期に効果が感じられるといわれています。