金の糸ガイド
金の糸ガイド TOP → お肌の基礎と金の糸 真皮と金の糸

真皮と金の糸

真皮は表皮の下にあり、厚さは約2mmと表皮よりも厚い構造になっています。真皮の組織は、ほとんどがタンパク質線維と基質によって満たされています。

真皮を構成しているタンパク質線維は、その多くがコラーゲンと呼ばれる線維によって占められています。コラーゲンは肌の強さであるハリを支えている成分で、エラスチンと呼ばれる線維を支える働きも担っています。

エラスチン線維は、真皮を構成しているタンパク質線維の約2%程で非常に少ないものですが、皮膚の弾力を左右する大切な線維です。基質はコラーゲン線維とエラスチン線維の隙間を充たしているもので、真皮中の水分のほとんどがそこに存在しています。

真皮を構成しているコラーゲンやエラスチンなどは加齢とともに減少するもので、紫外線をはじめとする様々な肌への刺激によっても変性してしまいます。金の糸を真皮に挿入すると体がそれを異物とみなして、その異物を追い出すために免疫細胞が働き金の糸の周辺に新しい毛細血管が伸びるようになります。

戦いの後の免疫細胞は傷を修復する過程で自らコラーゲンやヒアロルン酸やエラスチンを生み出し、そこで生み出された良質な成分によって肌の新陳代謝が活発に繰り返されるようになるとますますコラーゲンが増えるようになります。

このようにコラーゲンやエラスチンなど真皮を構成している成分が増えると、肌のハリや弾力が蘇るようになり、肌は以前のような若々しさを取り戻すことができます。